AGA治療には、プロペシアジュネリック処方【渋谷駅前クリニック】

抜け毛、薄毛対策プロペシアジュネリックを予約不要で院内処方~渋谷駅前クリニック

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-087822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。
ファイザー株式会社のプロペシアジェネリックとは

プロペシアのジェネリックはMSD株式会社が製造販売する男性型脱毛症治療薬「プロペシア」の有効成分であるフィナステリドと同成分にて、厚労省から製造販売承認を得て発売される後発医薬品です。「ジェネリック」は「後発医薬品」と呼ばれることもありますので「プロペシアの後発医薬品」という呼び方もあります。
先発品である「プロペシア」のように膨大な開発費用がかからず、製造コストが抑えられる為、安価での発売が可能となります。

※当院では現在3社のプロペシアジェネリックを処方しております。

  • フィナステリド錠1mg「ファイザー」:28錠 4,300円(税込) 140錠 20,000円(税込)
  • フィナステリド錠1mg「サワイ」:28錠 4,300円(税込) 140錠 20,000円(税込)
  • フィナステリド錠1mg「トーワ」:30錠 4,300円(税込) 150錠 20,000円(税込)

ファイザー株式会社のプロペシアジェネリックについて

『フィナステリド錠「ファイザー」』

ファイザー株式会社のプロペシアのジェネリック(後発医薬品)は2015年2月19日にAGA治療薬(男性型脱毛症)として『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』の商品名にて厚労省から製造販売承認を得ました。先発品であるプロペシアと同じで、錠剤の表に製造販売元であるファイザーの刻印(pfizer)があります。また、裏面には「SU 0.2」、「SU 1」(フィナステリド0.2mg含有・フィナステリド1mg含有)と刻印が入っています。
錠剤の色調は0.2mgが赤橙色・1mgがうすい赤色と含有量によって色調が微妙に異なります。

※当院では1mgのみ取り扱いがございます。0.2mgの取り扱いはございません。

-包装規格-

フィナステリド錠

  • フィナステリド錠0.2mg
    PTPシート⇒28錠入り
  • フィナステリド錠1mg
    PTPシート⇒28錠入り・140錠入り
    90錠入り(ボトルタイプ)

詳しくはこちら → ファイザー株式会社

薬物動態

◆プロペシアとの生物学的同等性試験

  • 『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』
  • フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」は「含量が異なる経口固形製剤の生物学的同等性試験ガイドライン(平成24年 2 月29日薬食審査発0229第10号)」に基づき、フィナステリド錠 1 mg「ファイザー」を標準製剤としたとき、溶出挙動が等しく、生物学的に同等とみなされた。

  • 『フィナステリド錠 1 mg「ファイザー」』
  • フィナステリド錠 1 mg「ファイザー」と標準製剤をクロスオーバー法によりそれぞれ 1 錠(フィナステリドとして 1 mg)、健康成人男子24名に絶食時単回経口投与して血漿中フィナステリド濃度を測定し、得られた薬物動態パラメーター(AUC、Cmax)について90%信頼区間法にて統計解析を行った結果、log(0.80)~log(1.25)の範囲内であり、両剤の生物学的同等性が確認された。

上記のとおり、厚労省よりフィナステリド錠1mg「ファイザー」とプロペシア1mgの同等性が認められており、プロペシア錠1mgとフィナステリド錠1mg「ファイザー」の効果に差が出ることは考え難いということになります。ジェネリック医薬品に抵抗のある方もいらっしゃると思いますが、ご安心してご服用ください。
なお、MSD社のプロペシア錠投与による改善効果(国内データ)では、0.2mgで54%、1mgで58%が「改善」の効果があり、0.2mgと1mgの間に有意な差は無いという結果が出ております。

よって当院では、『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』のみの取り扱いとなります。
また、90錠入りボトルの取り扱いはございませんので、ご了承ください。

服用における注意点

◎服用方法について

基本的なことは先発品のプロペシアと全く同じです。既にプロペシアを服用している人はおさらい程度に目を通しておいて下さい。

  • 日1日1錠服用するお薬です。
    -食前食後、朝晩いつ飲んでもよいのですが、なるべく24時間周期で服用するのが望ましいです。
  • 未成年は服用できません。
    -20歳未満の安全性が確立されていないので服用できるのは20歳以上です。
  • 円形脱毛症には効果がありません。
    -あくまで男性型脱毛症(AGA)のみの適用です。
  • 女性は服用しないで下さい。
    -妊娠している女性が服用した場合、胎児の生殖器の発育に影響を及ぼす恐れがあります。(男性が服用して、その後性行為した場合の母子共には問題ありません)
  • 併用禁忌薬(一緒に飲んではいけない薬)はありません。
  • 先発品であるプロペシアと同様に効果発現は早い人で3ヶ月、一般的には効果発現は6ヶ月以上かかります。
  • 前立腺がんの検査を受ける際は必ず担当医にフィナステリド錠を服用していることを申し出て下さい。
    -服用中はPSAの値が約50%低下します。診断の目的で測定する場合は、2倍した値を目安として下さい。
  • 毎日の服用を続けたことで効果が感じられても服用を止めると効果がなくなり症状は進行します。
  • 副作用で勃起不全があることを心配される人が多いですが実際には1%未満という極めてすくない発現率ですのでご安心下さい。
  • 割って飲むことは禁止です。
    -割った際に空気中に薬剤の成分が空気中に飛散し、それが女性の体内に吸収されることがあるからです。

※効果には個人差がございます。症状やその方の体質によっては、現状維持にとどまる可能性もございます。

※プロペシア錠と同様に、即効性はございません。服用を開始し、その効果を確認するには、6ヶ月以上の期間の継続した服用が必要だということをご了承ください。

◎継続した服用をお勧めします

お薬を服用して症状の改善がみられた場合でも、継続的にお薬を服用する必要があります。服用をやめてしまうと、効果があらわれている場合でも、症状の進行が再発する可能性もございますのでご注意ください。

フィナステリド錠「ファイザー」

標準先発品名: プロペシア錠
薬効分類名: 5α-還元酵素II型阻害剤
一般名: フィナステリド
規制区分: 劇薬、処方箋医薬品-医師等の処方箋により使用すること
関連リンク
万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

万有製薬(現:MSD)提供 プロペシア情報サイト

ファイザーのプロペシアジェネリックについて

ファイザーのプロペシアジェネリックについて

お問い合わせ

フリーダイヤルから webから
0120-087822
携帯・自動車電話・PHSからもご利用いただけます。

Copyright © 2005 - 2019 HamamatsuchouDaiichi Clinic All Rights Reserved.